メディカルグリップで下げる

【握力】驚き!メディカルグリップで下がる!

メディカルグリップで血圧が下がる

メディカルグリップは、ハンドグリップ運動を簡単にする器具ですね。

 

 

たとえば、腹筋を鍛えたいのなら、その場で腹筋運動すればいいだけなんですけど。
人によっては、ワンダーコアを購入したり、ジムに行ったりしますよね。

 

 

腹筋運動するだけでも十分腹筋をつける効果は期待できます。
でもより手軽に、より効果的に腹筋運動するために、こういった器具を買うわけです。

 

 

メディカルグリップもハンドグリップ運動を簡単にやるための器具です。
メディカルグリップを続けることで血圧が下がるのは当然の効果です。

 

大事なのはメディカルグリップを使用することではなく。
理屈として握力を衰えさせないことで、一酸化窒素を体内で生成することらしいです。

 

握力が衰えると一酸化窒素が体内で生み出す量が少なくなり血圧が上昇してしまうという感じかな。
なので、ハンドグリップ運動は血圧を下げるというより。
血圧を上げさせない対策だと言えそうですね。

 

 

メディカルグリップというのは、その機会が特別な効果で血圧を下げると考えている人もいるかもしれませんが。
握力を衰えさないようにすることによる
【一酸化窒素を生み出す血圧対策】
なわけですね。

 

 

 

 

 

アメリカの研究でハンドグリップ法の効果が証明された

このハンドグリップ法で血圧が下がるのは、アメリカの研究で証明済みです。
それをためしてガッテンが取り上げたことで話題になりました。

 

ちなみにタオルを握っておこなうタオルグリップを考え付いたのもためしてガッテンですね。

 

 

 

ためしてガッテンのほうで、ハンドグリップ法(タオルグリップ)で血圧が下がるということも証明していたので。
メディカルグリップの使用で血圧が下がる可能性は高いといえます。

 

 

普通の腹筋運動でも、腹筋を鍛えることは十分出来るわけで。
腹筋器具を使った腹筋運動にすると、腹筋がつかなくなるなんてことはないと思います。

 

メディカルグリップも、ハンドグリップ法を手軽におこなう器具です。
ハンドグリップ法の効果がなくなることはないはずです。

 

 

まぁ理屈がどうこうではなく
「アメリカの実験結果で証明されている」
なんて聞くと
「効果がありそうだ」
と思う人は多いと思います。

 

実際ためしてガッテンでの実験でも、10人中8人か9人ぐらいは効果があったように発表されていたような…。

 

 

実験や研究結果なんていうものは、そういう良いイメージを抱かせるためにやるものなのかもしれませんね。
健康のためにはポジティブ思考というか、良いイメージを持つことも大事ですから。
スポーツの世界にも、良い流れとか、悪い流れなんて言われたりしますよね。

 

 

 

 

 

口コミを見ると、メディカルグリップで血圧が下がっている

メディカルグリップの口コミを見ても、メディカルグリップの使用で血圧が下がっている人ばかりです。

 

2週間ぐらいで効果を実感している人がいます。
すぐに血圧が下がるというより、メディカルグリップを続けることで血圧が安定するわけです。

 

【メディカルグリップの口コミページはこちら】
https://www.cataloghouse.co.jp/ap/review/disp/1105104

 

 

血圧が下がった人の口コミを簡単に紹介すると

 

「10日使って血圧が122から108に下がった」
「血圧が140から150だったのが、130まで下がった」
「血圧が140台の主人にプレゼント。120に下がって驚いています」
「ダメもとで購入!血圧が下がって結果がでました!」
「そんなに価格も高くなかったので試しに購入。2週間目ぐらいから血圧が下がった」

 

こんな感じです。
10日ぐらいメディカルグリップを続けると、血圧が安定してくるようです。

 

 

使い始めてすぐに血圧を下げるのは無理だと思います。
まぁむしろ、それですぐに血圧が下がったら怖いです。
薬ではないですから。

 

ハンドグリップのしくみは握ることで血管の細胞から一酸化窒素を出します。
この一酸化窒素が血管の壁を柔らかくする効果があります。

 

 

血圧が高いというのは、文字通り、血管に圧力がかかっている状態です
でも一酸化窒素が血管の壁をやわらかくすることで、心筋梗塞予防になるわけです。

 

血管が硬い状態と、やわらかい状態なら、やわらかい状態のほうがつまったり破裂する心配は少ないですから。

 

 

メディカルグリップが効果が高いというより
【ハンドグリップをおこなうことが大事】
なんです。

 

 

 

最近は卵型の握力トレーニンググッズ。
リング型の握力トレーニンググッズなどいろいろあります。

 

こういった製品を買って握力トレーニングをするのもいいかもしれませんね。
値段もメディカルグリップと比べると安いですし。

 

【握力トレーニンググッズ製品一覧はこちら】
握力トレーニング

 

自分も卵型の握力トレーニンググッズ。
リング型の握力トレーニンググッズを買ってみましたけど。

 

リング型がおすすめです。
リング型ならコンパクトなので、カバンの中に入れたりして、外での待ち時間でも握力トレーニングができます。

 

時間つぶしはもちろん、ストレス発散や気分転換にもなって、いい感じです。
待ち時間はイライラすることがありますけど、握力トレーニングをしていればイライラもたまりにくく感じます。

 

 

メディカルグリップも大事なことは、ハンドグリップ運動をすることです。
メディカルグリップは、ハンドグリップ法を手軽におこなえる器具です。

 

時間を計ったり、握る30%の強さがわかります。
的確なハンドグリップ法をおこなえるはずです。

 

まぁ握る強さの30%というのは、ほどほどにしておかないと高血圧の人は危険ってことなんだと思います。
高血圧の人は、急に力を入れたり、いきんだりすると、動脈硬化を起こす可能性が一般の人より高いですから。


ホーム RSS購読