高血圧のランニング

高血圧がランニングをするメリットとリスク!下がる可能性と命の危険

高血圧の人がランニングをすること

ランニングは血圧を下げる効果があります。
でも、それは運動をすることでの効果です。

 

 

実際のところ、運動ならなんでも血圧を下げる可能性はあるんです。
でも、前にも紹介しましたけど、筋トレになると無酸素運動で、力を入れたときに血圧に異状がでる可能性があります。

 

なので有酸素運動のほうが理想です。

 

 

ランニングは有酸素運動の代表的な運動です。
ランニングといっても、人によってはペースが違います。

 

高血圧の人は、ゆっくりランニングするのが理想です。
間違えても
「マラソンにでも、でてやろうかな」
みたいな、気持ちを起こすのはどうかと思います。

 

 

健康のためのジョギング。
大会にでるためのジョギング。
これはまったくペースが違います。

 

そして高血圧の人は、早いペースでランニングすると命の危険があるんです。

 

 

 

 

 

有酸素運動でも高血圧の人は危険

有酸素運動でも、高血圧の人は無理な運動をすると、血管に負担がかかるとされています。
たしかに無酸素運動よりは、マシかもしれません。

 

でも有酸素運動でも、血管に負担がかかっているんです。

 

 

なので、血圧を下げるために運動をするのなら
【ゆるーく運動する必要】
があります。

 

 

運動はしたほうが絶対にいいです。
でも、無理な負担がかかる運動は、高血圧の人にとっては命の危険につながります。

 

命の危険があると聞くと
「運動怖い。家にいよう」
と思うかもしれませんけど、人間健康に過ごすためには適度な運動が必要です。

 

 

血圧を下げるためではなく、健康であるために適度な運動は必要です。
もちろん、適度な運動を続けることで血圧が下がる可能性も高まります。

 

一番いいのは、運動をすることを特別なことだと思わず、体を動かすことが習慣化するといいんですけどね。
普段から運動をしていない人にとっては
「よし!運動するか!」
と、運動することを大げさに考えるから苦痛に感じる人がいそうです。
そして運動することを特別視するから、ついついペースをあげてしまいがちです。

 

もっと、自分のペースで無理なく運動するのが理想なんです。
自由なんですから。
せっかくの自由時間なんだから、運動もきついと思うようなことはせず、自分が快適なペースでやればいいんです。

 

 

 

 

 

運動は血圧を下げるためだけにやるのではない

高血圧の人は
「血圧を下げないと!そのために運動をしよう」
と思うと思います。

 

でも、適度な運動をすることは、人間健康であるために重要なことです。
家にこもっていると、どうしても体が疲れます。
同じ体勢でずっといると、イライラしてきます。

 

健康のために外にでて、体を伸ばすぐらいでもいいのでやるべきです。

 

 

自分の父や祖母は、高血圧なので毎日散歩をしています。
ウォーキングですね。

 

父は、近くのスーパーまで毎日歩いて行っています。
祖母の住むところは田舎なので、踏み切りのあるところまで歩いて散歩をしています。

 

むしろ高血圧の人は、そのぐらいの運動が一番なのかもしれません。
激しい運動は、命の危険がありますから。

 

 

 

血圧が正常な人も運動をしている

自分は高血圧ではないですけど、夜にジョギングしています。
「高血圧ではないのなら、運動しなくてもいいでしょ」
と思う人もいるかもしれませんけど。

 

人間体を動かさないと、肩こりやら便秘やらで困ることになります。
疲れた目にも、ジョギングをすることでずいぶん楽になります。

 

人間体を動かすことって大事なことなんですよ。

 

 

高血圧の人は
「血圧を下げるため、運動しないと!」
という意識ではなく。

 

「これからは毎日体を動かそう!」
と思うべきです。

 

大事なのは、運動の質や量ではなく、適度な運動を毎日することです。
それが血圧を下げるだけではなく、健康の点で重要なんです。

 

 

血圧にばかり気を取られると、別の病気に悩まされる可能性があります。

 

実際のところ血圧を下げる対策の多くは、健康にも良い影響を及ぼすことが多いです。
なので、血圧を下げる努力は、健康の点でも良い効果がでることが多いんですけどね。

 

 

高血圧になると、血圧のことばかり気をとられ、その他の健康の点を見失ってしまう人がいます。
まぁ結局は本人の体のことなんで、好きにしていいんですけど。

 

自分も中学、高校は陸上部でしたけど、よく他の人から
「走っているだけでなにが楽しいの?」
なんて言われたこともありました。

 

運動に楽しさをまったく見出せない人もいると思います。

 

 

大事なことは、血圧を下げることではなく、健康に過ごすこと。
健康寿命を伸ばすことですよね。

 

いくら体はいつまでも健康でも、脳のほうが早く衰えてしまっては、それもどうかと思います。
大事なのはもちろん運動をするだけではないです。

 

食事内容や、脳を使うこと、そして人間として誇り高くあることも大事なことですよね。

 

 

運動は高血圧ではない人も、毎日やっている人もいます。
スポーツマンになりたいからとか、マラソンに出場するからなど、そういう理由もなく運動している人も多いです。

 

運動に意味を求めるのはいけないことだと思います。
そうやって
「なんで運動するの?」
と、運動にメリットを求める人ほど、運動をめんどくさく感じますから。

 

 

健康のため、毎日を快適に過ごすために、高血圧でも、高血圧ではなくても。
毎日適度な運動をするのは大事なことですよ。

 

小学校や中学校の授業にも、体育という授業がありましたよね。
それはやっぱり生活していくうえで、体を動かすっていうのは大事なことなんだと思いますね。

 

 

高血圧の人は、血圧が下がったとしても、運動を続けてほしいです。
外にでてぶらぶらするだけでも、変わりますよ。

 

そう思ったら、イオンとかに行くと、結構高齢者がボーっとベンチに座っていたりしますけど。
あれも、散歩して休憩中だったりするのかもしれませんね。


ホーム RSS購読