血圧を下げるウォーキング運動 効果と時間とやり方

【血圧】ウォーキングの時間は?効果とやり方

血圧を下げるためにウォーキング

自分の身近な人では

  • 祖母

この2人は高血圧なんですけど、どちらもウォーキングをしています。

 

 

まぁ高血圧の薬も飲んでいますけどね。
エカードとか。
病院も通っていますけど、運動もちゃんとしています。

 

 

運動はしないと血圧がどうこうではなく。
動脈硬化を起こしやすいというか、血液ドロドロになるのでやりたいところです。

 

自分は若いのでジョギングですけど。
60過ぎたらジョギングはつらいと思いますし、高血圧の人がジョギングするのは危険があるので…。
ウォーキングが理想的だと思いますね。

 

 

というか、最近って歩くことが少なくなっていると思います。
うちの母もイオンを回るのがめんどくさいので、車を止めた近くのイオン周辺しか移動しないですね。

 

車を止めたのと反対側のイオンには
「歩くのがつらい」
と言って行きませんから。

 

 

 

 

 

ウォーキングの時間ややり方 父偏

ウォーキングの時間ややり方は、特に決まりはありません。
少なくとも自分はそう思っています。
自分の中で、いろいろ決めて歩くようにすればいいと思います。

 

なにか参考にしたいのなら、他サイトに書いていることや、医者からのアドバイスを参考にすればいいと思います。
でもこういうのは、本人のやる気が大事なのであって、やり方にこだわっていると
「めんどくさいから、やるのがめんどくさい」
となって、やる気がなくなりますから。
まずは外に出て歩くことから始めればいいと思います。

 

 

60代の父は、家から2kmほど離れたスーパーがあるのかな。
2kmも離れていないか、1kmぐらいかもしれませんけど。

 

そこまで歩いていくようにしています。
そこで、食べるものとか購入しているようです。

 

つまり、車をあまり使わないで店まで歩いていくわけですね。
これを聞いたら
「たったそれだけかよ」
と思う人もいるかもしれませんけど。

 

近くにでも車で行く人は沢山いると思います。
少なくとも1kmも離れていたら、間違いなく高齢だと車を使いたがります。
自転車を使う人もいると思います。
乗り物を使うところを歩きにするわけですね。

 

固定観念ができあがってしまっているところもあるのだと思います。
「あのスーパーは自転車行くもの」
「あのスーパーは自動車で行くもの」
歩くという選択肢がまったくない人もいると思います。

 

 

普段車で行くようなところを、歩いていくようにするといいと思います。
自転車をやめて歩くようにするだけでも十分かと。
自転車を使うと、目的地に短時間でついてしまいますからね。

 

同じ時間運動するのなら、自転車のほうが効果が高いとか言われていたような…。
つまり歩くことで、運動時間を増やせるわけですね。
その分乗り物を使わないほうが、いい運動になるわけです。

 

ウォーキングをしたい人は、やり方とかではないですけど。
バッグとかは背に背負うタイプのバッグをおすすめします。

 

 

 

ウォーキングの時間ややり方 祖母偏

祖母は、もう80歳超えているので。
だいたい400mぐらい歩くのかな。

 

近所の1本道のつきあたりまでいって帰ってくるぐらいの運動をしています。
直線200mほどあるいて、往復して400mぐらいだと思います。

 

 

「たったそれだけ?」
と思うかもしれませんけど。

 

もう高齢なので、十分すぎる気はしますけどね。
むしろそれ以上遠出されるとちょっと怖い。

 

 

祖母に
「スーパーまで自転車で行くのをやめて歩こうと思う」
なんていわれたら困りますよ。

 

なのでやっぱり年齢を考えてウォーキングの距離や時間を考えるべきですね。

 

 

 

 

 

無理はしないが吉

ネットでウォーキングに対して

  • 早歩きでやれ!
  • 20分ぐらいやれ!

とか書いていますけど、人によってはちょっとつらすぎると思います。

 

もう80過ぎたおばあちゃんにそんなことを言ったら酷でしょ…。
高血圧の危険より、ウォーキングがしんどくて体に負担がかかりそうです。

 

なので、やっぱりこういうのは自分でできる範囲で運動するのがいいと思います。

 

 

そもそもウォーキングのやり方とかも、年齢別で書いていませんよね。
おそらくそういうことを書いているサイトは40代〜60代の人に向けて書いているのだと思いますけど。
男性と女性でも、かなり変わってくると思います。

 

 

自分的には外にでて歩こうとするだけでも十分というか。
今の若い人でも、車ばかり使ってまったく歩かないでしょ。

 

 

最近はいろいろと楽になりましたけど。
もっと歩くようにしたほうがいいのだと思います。

 

いやいや歩くのではなく、楽しく歩ければいいと思います。
「歩いてスーパーまで行こう」
とか
「近くのコンビニではなく、離れたスーパーに行ってみよう」
とか、そうすればお金も浮きますよね。
ガソリン代とか、セール品を買えばお金も浮くでしょ。

 

 

そうやって自分の中で決めてウォーキングをすることで、健康にも良いですし。
お金も儲かるわけで、一石二鳥になると思います。

 

ウォーキングはなにも
「よし!ウォーキングするか!」
と気合いを入れてやらなくてもいいと思うんです。

 

ウォーキングというのは、移動手段でもあるわけなので…。
いきなり本格的な競歩みたいなことはせず、まずは歩くことを考えてみてはいかがでしょうか。

 

 

ハンドグリップ運動でも血圧を下げる効果がありますけど。
やっぱりウォーキングのほうが健康的なイメージがあります。

 

大事なのは血圧を下げることではなく、健康寿命を伸ばすことだと思います。

 

 

握力の運動だけより、ウォーキングのほうが体も動かせると思うので。
ウォーキングのほうが健康的な気がします。

 

ただウォーキングとなると、外にでないといけないので。
雨が降っているときなど、天候が悪いときはできませんね。

 

 

たまに雨が降っていても、レインコートとか来てがんばる人がいますけど。
そこまでしなくてもいいと自分は思います。

 

自分はちょくちょくジョギングしていますけど、雨が降っているときはもちろんジョギングは中止しています。

 

 

こういうのって言うだけなら簡単なので、ウォーキングの方法を書いている人は
「20分ぐらい断続して」
「早歩きでやって」
「週3回はやって」
とか言っていますけど、それは他人事だからいえるわけであって、自分でも
「20分も歩くとか、長くね?」
と思いますけどねぇ。

 

いきなり20分歩くとか大変だと思うので。
まずは外にでて、ぶらぶら歩くことからやったほうがいいと思います。

 

そうやっていれば、ウォーキングコースも自分の中でできあがると思いますから。
これも大事ですよ。
家の近くに良いウォーキングコースが見つからないと、ウォーキングなんてやる気にならないでしょ。


ホーム RSS購読