筋トレで血圧があがる

知っておくべき筋トレの危険!血圧を上げる?一瞬力を入れると倒れる

筋トレは血圧をあげる?

高血圧の人は
「適度な運動が大事」
だとされています。

 

うちの親も高血圧で、毎日散歩をしています。

 

 

ただ、運動と聞いて
「外にでるのがめんどうだから、筋トレでもするかぁ」
なんて思っている人もいるかもしれません。

 

でも筋トレは、血圧を上げかねないトレーニングです。
高血圧の人が筋トレをするのは危険があります。

 

注意して欲しいのは、筋トレをしたら駄目なわけではなく。
高血圧の人は、筋トレで倒れる危険があるということなんです。

 

 

 

無酸素運動は血圧を上げる

実際はジョギングなんかでも、運動中は血圧があがるといわれています。

 

でもジョギングや散歩は、常に呼吸をしています。
ジョギングや散歩は、呼吸をしています。
有酸素運動は、血圧を下げる運動に適していると言われています。

 

 

一方の筋トレは、力を一瞬入れたりするので無酸素運動に分類されます。
力を入れるときに
「うっ!」
という声と同時に、力を入れて息を止めることもあると思います。

 

どうやらこれがNGらしいです。
まぁなんとなく言いたいこともわかります。

 

 

力を入れて
「うっ!」
となったとき、血管に影響(負荷)がかかるのだと思います。

 

筋トレをやると、筋トレ箇所だけではなく、血管にも負荷がかかってしまうのかと。

 

 

自分のじいちゃんはトイレで倒れて、そのとき頭のうちどころが悪くそのまま亡くなってしまいました。
どうやらトイレできばったのが原因で、脳卒中になったとか、なんとか…。

 

そして最近トイレで亡くなる人は増えていると聞いたところがあります。
高血圧の人は、そういう力を入れて無酸素運動は危険なんだと思います。

 

 

運動をするのなら、常に呼吸をすることが大事なわけですね。
呼吸を止めて、力を入れるのは血圧にも負担がかかるわけです。

 

そもそも高血圧な時点で、血管に圧力がかかっているわけで。
そこにさらなる力がかかったら、危険なのは当然です。

 

 

実際は筋トレも結果的には運動になるので、いいことだと思うんです。
でも筋トレをしている最中に倒れてしまってはどうにもなりません。

 

いくら血圧を下げるためといっても、命がけで運動をしては本末転倒です。

 

 

 

 

 

運動をするのなら適度な運動を!

高血圧で運動をするのなら、散歩やジョギングがいいと思います。

 

てっきり自分も運動ならなんでもいいと思っていましたけど。
スポーツによっては、危険なものもありえるわけですね。

 

 

ゴルフとか人気ですけど。
「球をうつときに、力を入れるから危険なのでは?」
なんて思ったりするんですけど。

 

実際ゴルフで倒れてしまう人もいるようです。

 

 

ゴルフで高血圧の人が倒れる理由として

  • 水分不足
  • 緊張

こういったものがあがっていましたけど。
ゴルフの球をうつときも、無酸素運動になると思うので、それで倒れてしまう人がいてもおかしくないと思います。

 

 

でもそうやって
「高血圧の人の運動が危険だとわかって、運動が怖くて出来ない」
なんて言っていたら、高血圧が改善できなく危険な状態が続きます。

 

うまく適度にできる運動を見つけるべきなわけです。
そう思うと、自分の父がやっている
「スーパーまで歩いて運動」
というのは、まさに理想的な運動だと思います。

 

 

自分は
「歩くぐらいなら、たいした運動にもならなそうだな」
と思いましたけど、むしろそのぐらいの運動が理想なんです。

 

高血圧は激しい運動や、一瞬だけ力を込めるような運動は逆に危険なわけですね。
医者はちゃんとそこらへんを説明すれよ!!

 

 

 

 

 

タオルグリップも30%の力で握る

アメリカの血圧を下げるハンドグリップも、握る力は30%の力で握るとされています。
もちろん、ためしてガッテンが紹介したタオルグリップも30%の力で握ります。

 

メディカルグリップももちろん30%の力です。

 

 

 

ハンドグリップも100%の力で握ったら、むしろ危険なわけです。
だから30%の力で握ると設定されているのかも。

 

 

ハンドグリップに限らず血圧を下げる運動は、大体30%の力をだせる運動が理想なのかもしれません。

 

自分はまだ30代ですけど。
たまに本気で力を入れると、頭の血管が切れそうになることがありますから。
やっぱり一瞬だけ力を入れるというのは危険です。

 

 

高血圧だと、なかなかあかないビンのフタをあけようとして、倒れる人とかいそうです。
飲み物のキャップを開けようとして、倒れる人もいるのでは?
怖くなってきます。

 

 

アミールや胡麻麦茶といった、血圧対策飲料のキャップをあけようとして力をいれて。
それが原因で倒れたりしたら嫌ですね。

 

 

でも人間、筋トレをやらないと体が衰えます。
自分は30代ですけど、30代の自分でも筋トレをしなかったら、筋肉がどんどん落ちますからね。
筋トレをやるのなら、激しい筋トレではなく、ゆっくりていねいに筋トレをやりたいところです。

 

特に腹筋が衰えると、胃が下がって胃下垂になりかねないです。
自分が腹筋が衰えて胃下垂になりましたから!!

 

胃下垂になると、便秘になったりします。
便秘になったら、トイレできばって倒れる可能性がでてきます。
そういうわけで筋トレをやらないと、別の症状で悩むことになるからなぁ。

 

 

高血圧の人は筋トレはしたらだめということではなく。
激しい筋トレや、負荷の強い筋トレはNGだと覚えて置いてください。

 

でもこれ、知らないほうが幸せな可能性もありますね。
高血圧で、一瞬力を入れたら危険というのは、今後いろいろな行動に不安を感じますよ。

 

トイレで便秘で、きばったら冗談抜きに危険ですね。


ホーム RSS購読