血圧と縄跳び運動 効果と危険

【血圧】縄跳び運動は効果がある?危険なので注意

高血圧と縄跳び

1人でもできる運動に縄跳び運動がありますけど。
高血圧の人は、やめておいたほうが無難です。

 

 

自分も30代で運動不足を感じたので、縄跳びを買いましたけど。
自分でさえも
「ちょっとしんどいな」
と思うところがありました。

 

 

縄跳びって子供の頃は簡単にできましたけど。
大人になると、そうとう負担がかかります。

 

高血圧の人は、有酸素運動というか、軽い運動が理想であって。
無酸素運動というか、負担が大きい運動をすると、高血圧の影響もあって倒れてしまう危険があるんですよ。

 

なので縄跳び運動はやったらダメとは言いませんけど。
そこまで真剣にやるのはおすすめしません。

 

他にもいろいろと縄跳びをやらないほうがいい理由があるんです。

 

 

 

 

 

縄跳びは足への負担が大きい

縄跳びって外にでて、コンクリートの上でやってみたら、結構足に負担がかかります。
そりゃそうですよね。
下が固いところでぴょんぴょんジャンプするって負担がかかるんです。

 

なので縄跳びをするのなら、体育館っていうの?
そのぐらい下が木というかな、足に負担がかかりづらい平らなところが必要になると思います。

 

 

もちろん、ジムなどに通っていて、それなりの環境が整っているのなら、足への負担はそれほどかからないと思うので。
無理せず気楽に縄跳びするのもいいかもしれませんけど。

 

年齢が高くなると、ジャンプをするのも脳のほうが結構負担がかかります。
いや、そりゃそうでしょ。

 

ぐわんぐわん体を上下にゆすられたら、気持ち悪くなる人もいると思いますからね…。
年齢が高くなると、そういう上下運動っていうの?

 

他人の貧乏ゆすりを見ているだけでも、気分が悪くなりますからねぇ。

 

 

 

 

 

それでも縄跳びをしたいのなら

まぁそれでも縄跳びが大好きな人もいるかもしれないので。
そういう人は、軽く飛ぶのがおすすめです。

 

 

慣れていないうちは、大きくジャンプしそうですけど。
それほど大きくジャンプはせず。

 

縄を回すスピードもゆるくして、ボーっと考え事をしながらジャンプできるような感じになると理想的です。

 

 

ただ慣れていないうちは、どうしても力が入りがちなので。
長時間の縄跳びはNGです。

 

縄跳びをするより、ウォーキングや、軽いジョギングのほうがいいと思うんですけど。
まぁ縄跳びのほうが
「楽しい」
って人もいそうですから…。

 

そういう人は、負荷の軽い縄跳びのペースを見につけるといいと思いますね。

 

 

ぶっちゃけ30代の自分でさえも
「縄跳びってこんなに負担がかかるんだっけか?」
と久しぶりにやってびっくりしたので、40より上になると縄跳びなんて怖くてできないと思います。

 

 

子供の頃に縄跳びが得意だったので
「運動のために縄跳びでもやろうかな」
なんて思う人もいるかもしれませんけど。

 

縄跳びをおすすめしない理由として

  • 縄跳びをやる場所がない
  • 縄跳びはかなり疲れて危険
  • 縄跳びは足への負担も大きい

こういう点からちょっと無理だと思います。

 

家の前でやったら、人目も気になりますし。
まぁ基本人間って他人のことなんて興味はないんですけど。

 

なぜか近所の人は、隣近所の人がなにをしているのかチェックしたがる人が多いですからね。
世間話が好きな人が多いので、いい年齢になって、家のまえで縄跳びなんてしたら、世間の評判になってしまう危険もあると思います。

 

ほんと、近所付き合いとかめんどくさいわぁ。
でもやらないと、よりめんどくさいことが待っていますからねぇ。


ホーム RSS購読