一酸化窒素は血圧を下げる

【一酸化窒素】血圧を下げる!血管年齢を若返らせる!握力が重要

一酸化窒素は血圧を下げる

一酸化窒素は血圧を下げる効果があります。

 

タオルグリップは一酸化窒素をださせる運動ですからね。

 

 

つまりタオルを握ると血圧が下がるというより、タオルを握ることで一酸化窒素を生み出す運動をしているわけです。
一酸化窒素を生み出すことによって、血圧が下がるわけですね。

 

アメリカの研究は、握力が弱っている人は高血圧になりやすいところから、こういう握る運動を発表したわけですね。

 

 

まぁ用は逆なのかもしれません。
一酸化窒素が血圧を下げるというより、握力が弱まって一酸化窒素を出す力が弱まっている人は血圧が高くなってしまうわけです。

 

 

 

 

一酸化窒素を出させるために握力を鍛える

一酸化窒素は握力を衰えさせなければ、ある程度大丈夫だと思います。
タオルグリップも30%の力で握るだけですからね。

 

 

あまり強く握ると、動脈硬化を起こして倒れてしまうから30%の力で握るのだと思います。

 

高血圧の人は動脈硬化を起こしやすいですから。
トイレで踏ん張るのも危険ですからね…。

 

 

まぁ高血圧ではない人も、握力って衰えさせないように拳でも握っていたほうがいいんですよ。
人間、握力ってあまり鍛えないというか、なにかを握るなんてことはあまりないものです。

 

電車のつり革とか、もう握っている人なんていないというか。
いまどき電車につり革なんてあるのかも謎ですし。

 

 

血圧を下げたい人は、私生活から握力を鍛えるようなことをするといいと思います。
バックは手で握るタイプのものがいいかもしれませんねぇ。

 

 

でもこういうバックでも、握力ってそんなに付かないと思うので…。

 

気がついたときにでも、拳を握るようにすると高血圧予防になると思いますね。
人間拳を握るなんてこと、週に1回もしないでしょ。

 

 

ためしてガッテンはタオルを握るなんて紹介していますけど。
実際はタオルだって必要ないと思いますよ。

 

握りこぶしを作って2分ぐらいかな。
じっとしていれば、一酸化窒素は出ると思いますよ。

 

 

 

 

一酸化窒素は血管年齢を若返らせる

一酸化窒素は血管年齢を若返らせるといわれています。

 

血管年齢が若い人は、外見の年齢も若く見られることが多いとされています。

 

 

そうなると、握力がある人は一酸化窒素を生み出しているので、血管年齢が若い。
となると握力がある人は、外見も若くみられるのかな?

 

 

でもこれはちょっと納得ですよね。
握力が強そうな人って若そうなイメージがあります。

 

逆に握力が弱そうな人は、ふけているイメージというか
「この人、あまり力が強くなさそうだな」
と思いますよね。
冷静に考えてみると、納得できることってありますよね。

 

 

でもぶっちゃけ一酸化窒素とか握力とかどうでもよくて
【高血圧の人は適度な運動をすればいい】
わけですよ。

 

結局運動なんですよ。
タオルグリップだって、結局は握力を鍛える運動なわけですからね。
運動って大事!!

 

 

高血圧になりたくないのなら、握力を衰えさせないことが大事です。
血圧を下げたいのなら、握力を鍛えればいいんです。

 

その結果一酸化窒素がうみだされて、血圧は下がり、血管年齢を若返らせることができます。

 

 

ちなみに一酸化窒素を生み出すサプリメントはシトルリンだとされています。
でもシトルリンって滋養強壮のイメージがあるような…。

 

でもシトルリンサプリメントの口コミを見ていると
「血圧が下がった」
なんて言っている人もいます。

 

 

【シトルリンサプリの口コミはこちら】
DHCシトルリン口コミ

 

やっぱり知っている人は知っているわけですね。

 

タオルグリップ運動もめんどくさいという人にとっては、シトルリンサプリメントがいいかもしれません。
自分的には、運動したほうが健康的だと思いますけどねぇ。

 

タオルグリップ運動とか、握力がどうとか、一酸化窒素がどうとかではなく。
人間適度な運動はすべきですよ。
運動したら気持ちも晴れますし。


ホーム RSS購読